屋根塗装

屋根塗装

屋根塗装

屋根の耐久性はどのくらい?塗装方法や塗料、耐用年数の種類など解説

屋根の耐久性は、使う塗料の種類や塗り方などが影響します。 当社は、メンテナンス費用を抑えつつ、耐久性を上げる施工をおこないます。

屋根塗装のベストな頻度は?耐久性は?

屋根塗装のベストな頻度は?耐久性は?

屋根塗装の頻度は外壁よりも少なくなっています。ただし、外壁と違って見た目での判断が難しいため、ベストなタイミングもわかりにくいのも事実です。 目安としては、一般的なスレート屋根なら10年前後での塗り替えが必要です。頻度も問題になりますが、劣化などが発生するまでのスピードが鍵となります。 雨漏りが発生して初めて気づいた場合、その時点で手遅れといえるでしょう。そのため、屋根塗装は定期的にメンテナンスが必要です。

サインを見逃さない

サインを見逃さない

屋根塗装の頻度は外壁に比べてわかりにくいものですが、劣化のサインを見逃さないように注意しましょう。劣化の種類には、「サビやカビができる」「変色や色あせが起こった」「チョーキングが起こった」などがあります。どれかのサインが現れた場合には、耐用年数未満でも早急な対処が必要です。

屋根材の塗り替え時期

屋根材の塗り替え時期

屋根塗装で耐久性を上げるためには、適切な塗り替え時期を知っておく必要があります。一般的な「スレート葺屋根・板金屋根」の場合は、10年程度、銅板屋根なら30年程度で塗り替えが必要ですが、日本瓦は50年以上塗り替えが必要ありません。このように屋根材によっても最適な時期は違うので、気になりましたらご連絡をください。ご相談は無料です。

3.外壁や屋根の塗装が一度で終わらない理由

外壁や屋根の塗装が一度で終わらない理由

外壁や屋根は気候の影響やライフスタイルの影響を受けます。常にダメージを受け続ける場所であるため、一度の塗装だけではその後のダメージに対応しきれません。外壁や屋根の塗装が一度で終わらないのは、住宅の寿命を延ばし、劣化のスピードを遅らせるために定期的なメンテナンスや塗装による家の耐久性を上げることが必要です。

メンテナンスフリーに騙されない

メンテナンスフリーに騙されない

外壁や屋根の塗装業者の中には、「メンテナンスフリー」と宣伝している業者もいます。しかし、どのような塗料や建材を使用したとしても、完全にメンテナンスが必要ない状態にはなりません。なぜなら、塗装をしていない外壁や屋根は必ず劣化するからです。 このような宣伝文句にだまされることなく、定期的なメンテナンスを行ってください。

屋根塗装に含まれる内容

メンテナンスフリーに騙されない

足場工事・足場養生・高圧洗浄・縁切り(タスペーサー工法)・下地処理 下塗り・中塗り・上塗り・養生費
※コロニアル屋根

シリコン塗装

メンテナンスフリーに騙されない
メーカー種類 日本ペイント ファインシリコンベスト
耐用年数 6~8年
屋根塗装 300,000円(税込)
土地 70m2 目安

ラジカル制御塗装

メンテナンスフリーに騙されない
メーカー種類 日本ペイント ファインパーフェクトベスト
耐用年数 7~9年
屋根塗装 350,000円(税込)
土地 70m2 目安

遮熱シリコン塗装

メンテナンスフリーに騙されない
メーカー種類 日本ペイントサーモアイsi
耐用年数 7~9年
屋根塗装 380,000円(税込)
土地 70m2 目安

フッ素塗装

メンテナンスフリーに騙されない
種類日本ペイント ファイン4Fベスト
耐用年数 8~10年
屋根塗装 540,000円(税込)
土地 70m2 目安
相談 無料外壁・屋根塗装のご相談窓口
お電話受付時間 AM9:00 〜 PM7:00 土日営業・時間外はお問い合わせメールへ
  • フリーダイヤル:0120-747-186
  • お問い合わせ